MS&AD インシュアランス グループ MS&AD事務サービス株式会社

MS&AD事務サービスの風土・環境
人財育成
”人財”を育てる
当社では、社員一人ひとりは会社にとって最も重要な財産と考えています。
社員一人ひとりを大切にする思いを込めて「人材」ではなく「人財」と表現します。
目指す社員像「自ら学び自ら考え、チャレンジし、成長する社員」を掲げ、組織的かつ体系的な社員教育を推進しています。

ライン
研修・育成体制
「OJT」「集合研修」「自己啓発」の三位一体による人財育成を進めています。
当社の特徴をいくつかご紹介します。

新入社員教育
新人社員教育風景
新入社員は全体共通の「新人社員育成プログラム」に沿って、計画的に育成を進めていきます。入社式を終えた後から、「入社時研修」がスタートします。

〜入社時研修の主な内容〜
自分の会社を知る(MS&ADグループ・会社・各部の概要、人事制度・情報管理ルール等)ビジネスマナー、社内PC操作、損害保険、生命保険基礎知識、職場見学、グループ討議(学生から社会人への意識改革)

入社半年後には「フォローアップ研修」を実施します。新入社員全員で成長した姿を確認し合います。「2年後研修」では、業務を通じて学んでいる"真の自立を目指し、自ら行動すること”を全員で共有し、ブラッシュアップしていきます。

OJT教育(新人)
教育の現場は職場・日常が中心です。
当社では、新入社員育成プログラムの中心にOJT教育をおき、所属部署の「OJT計画書」「スキルマップ」に基づいて進めています。新入社員一人ひとりに指導担当者が付き、上司・職場のメンバー全員で成長を支えていきます。指導担当者については、任命後に「指導担当者研修」を実施し、育成の基本を学んでいます。 社員一人ひとりの成長が会社の成長につながっていきます。

昇進時研修
業務リーダー、業務アドバイザー等への昇進時に研修を行っています。自身に求められる役割を確認し、自らの振り返りを行い、目標や課題について考えます。またコミュニケーションスキル、ロジカルシンキングやプレゼンテーションの基礎についても合わせて学びます。
昇進時研修

テーマ別研修
MS&AD事務サービスの特徴を活かした集合研修を開催しています。

1.問題解決研修
業務品質向上のためのボトムアップ活動=J1活動のリーダーを対象とした研修です。業務品質の基礎、改善手法、サークル活動の進め方等、J1活動だけでなく、ビジネス全般で必須の基礎スキルをグループワークを通して学びます。

2.ポジティブキャリアセミナー
当社の93%は女性です。ワークライフバランス、今後の生き方・働き方を 各自で考え、キャリアをデザインしていく基礎を学びます。

通信教育講座
”自ら学ぶ”個々人のスキルアップ支援として、通信教育講座の利用を推進しています。
受講終了後には費用の一部補助があります。

JIMD-Campus
当社独自のe-LearningシステムをJIMS-Campusと名付け、全社共通ルール・取組みの徹底や、各職場での学びのツールとして活用しています。自分のペースで学習することができます。
昇進時研修

業務品質向上(J1活動)
当社では、業務品質向上の取組みを「JIMS-1活動(J1活動)」と名付け、全員参加のボトムアップ運動として展開しています。
JIMS-1活動
社内風景 社内風景

ワークライフバランス
社員が仕事と家庭を両立させるとともに、いきいきと働きがいを持って働ける職場を構築するため、社員全員が働きやすい環境の整備に向けた様々な取組みを実践しています。
目指す姿・活動方針
当社は「女性がより活躍する会社」に向けて、環境整備や制度構築などを進めています。
目指す姿
・個々の社員がやりがいをもっていきいきと働き、仕事を通じて成長し最大限の力を発揮することで社員と会社双方が成長してゆくことを目指します。

・男女の完全な機会均等を実現し、意欲ある社員がさまざまなステージにチャレンジすることのできる会社を目指します。

活動方針
・女性が働きやすい職場=女性のライフサイクルに合わせた働き方ができる環境を整備します。
仕事と出産・育児・介護を両立するためのサポート
社員の仕事と家庭(出産・育児・介護)の両立を各種制度で支援します。
人事制度 制度内容
出産休暇
女性社員が出産するときは、産前8週間(多胎妊娠の場合は14週間)、産後6~8週間の休暇を取得することができる。
育児時間
本人が出産し、生後満1年に達しない子を育てる社員は、1日2回各30分またはまとめて1時間の育児時間を請求できる。
育児休業
休業終了後引き続き勤務する意志のある社員が、在職のまま一定期間育児に専念するために育児休業を取得することができる。
〈休業期間〉
子が満1歳に達する誕生日の前日までの間において、社員が申し出た期間。なお、社員の希望がある場合には、育児休業期間を最終日の属する月の末日までとすることができる。
(会社が定める特定の事由に該当する場合は、さらに1年を限度として延長することができる)
パパ活休暇を1日単位で取得可能とする。
育児のための勤務時間の短縮等の措置の適用
小学校3年生の年度末までの子を育てる社員が、子の養育を容易にするための措置を希望する場合は、以下の措置を認める。
 (1)短時間勤務
 (2)フレックスタイム勤務
 (3)シフト勤務
 (4)時間外労働を命じない
 (5)事前に定めた時間以外の労働を命じない
看護休暇
小学校就学の始期に達するまでの子を養育する社員は、子が負傷または疾病にかかった際の世話を行うために、又は子に予防接種や健康診断を受けさせるために、毎年度、次の日数の休暇を取得できる。

 (1)小学校就学の始期に達するまでの子が2人の場合……5日間
 (2)小学校就学の始期に達するまでの子が2人以上の場合……10日間
遅刻特認
妊娠中、通勤時の混雑が母体の負担になる場合は、以下のいずれかに始終業時間を変更できる。

 ①午前9:30~午後5:00
 ②午前9:15~午後4:45
勤務時間内の通院
母子保健法が定める健康診査などのために勤務時間内に通院する必要がある場合、本人の申請により認める(対象期間により制限があるので注意)
妊娠23週まで 4週間に1回
妊娠24週から35週まで 2週間に1回
妊娠36週以降 1週間に1回
介護休暇
要介護状態にある家族を有する社員は、通院の付添いなどの世話を行うために、毎年度、休暇を取得できる。

〈被介護者の範囲〉
 ①配偶者(事実上婚姻関係と同様の事情にある者を含む)
 ②子
 ③本人または配偶者の父母
 ④同居して扶養する祖父母、兄弟姉妹、孫
〈被介護者の要介護状態の定義〉
要介護状態とは、要介護レベルを問わず要介護認定(「要支援」は除く)を受けた状態をいう。
また、要介護認定を受けなくても、それと同レベルであることが医師の診断書等で明らかである場合、会社が要介護認定を受けたものとみなす場合がある。
介護休業
要介護状態にある家族を、在職のまま介護に専念するために休業できる。
〈被介護者の範囲〉
 ① 配偶者(事実上婚姻関係と同様の事情にある者を含む)
 ② 子
 ③ 本人または配偶者の父母
 ④ 同居して扶養する祖父母、兄弟姉妹、孫
〈被介護者の要介護状態の定義〉
要介護状態とは、負傷、疾病、身体上もしくは精神上の障害により、2週間以上の期間にわたり常時介護を必要とする状態
ゆとり創造
・早帰り推進
 ゆとりWeekを設定しての早帰りの推進

・特別休暇取得の推進
 特別休暇「フレッシュアップ休暇、アニバーサリー休暇」の取得の推進
キャリアアップ制度(社員区分制度)

制度の目的
社員の働き方に関する多様なニーズに応えるため、業務全般について実務経験・豊富な業務知識に基づき業務遂行でき、基幹業務を担う役割にキャリアアップする意欲がある社員に対して、その能力・やる気を最大限に発揮できるように本制度を設けています。(パート社員→契約社員、契約社員→地域社員への社員区分転換)
キャリアアップ制度(社員区分転換)
職場・環境

社内風景 社内風景
社内風景 社内風景