MS&AD事務サービス株式会社

私たちの仲間

 現在のお仕事についてお教えください

報連相の徹底、ミス撲滅で業務効率アップを目指す。

自動車の自賠責保険の解約に特化した業務を担当しています。請求書の内容や添付書類に不備がないかの点検から入力、計上までを担い、不備が見つかった場合は営業への電話照会も行います。自賠解約チームの業務は特徴的で、あらかじめ1日のスケジュールが決まっているのが他のチームとは異なるところ。

というのも受付件数によって当日の処理件数が増減するので、前日の夕方に予定が組まれ、それに基づいてそれぞれが業務を行うのです。例えば、入力なら1時間で31件、転記なら55件など目安があり、時間内にどれだけの件数を処理しなければならないかが、明確になっています。ただしこのシステム、きちんとスケジュール管理されているため、自分が手間取ると次工程の方に迷惑をかけてしまいます。そこで私が心がけているのが、報連相(報告・連絡・相談)の徹底です。入社時に教えてもらった通り、遅れそうな場合は事前に伝え、なぜそうなったのかを分析して次に生かすようにしています。また、ミスがないよう細心の注意を払い、業務の先にいらっしゃるお客さまのことを考えて仕事を行うようにしています。

1日に数千件もの処理を行うチームに所属しているM.Cさん。
自分の業務の遅れやミスが周囲、そしてお客さまにも影響することを心に刻み、
常に相手を思いやる仕事姿勢を大切にしています。

 これまでで印象に残ったエピソードは何ですか?

分からないことは素直に聞く。その蓄積が成長の糧になる。

1年目の時、指導担当の先輩から「分からないことは、そのままにせず質問してね」と言われたものの、決められたスケジュールに則って行う仕事なので、質問すればその分、先輩の手を止めてしまうと思い、質問するのをためらった時期がありました。チーム長との面談の際、そのことを相談したところ「それは心配しなくていい。なぜなら、分からないまま進めてミスをするよりも、その時点で確認してミスを防ぐ方がいい。総合的に時間の無駄遣いもなくなるから」と理路整然と合理的に説明され、思わず納得。それまで結構思い詰めていたのですが、相談して以来、迷わず質問できるようになりました(笑)。もちろん同じ質問は再びしないよう心がけ、自分で調べたり、手順書を確認したりという努力も怠りません!

それともう一つ。印象に残っているのは自分の成長を実感できた時ですね。1年目はすべての方が先輩で、私はいつも尋ねる側でしたが、今ではパートナー社員の方からの問い合わせにも答えられるようになりました。「私、成長してるかも」とちょっぴり誇らしくなりました。

「自分の業務が終われば遅れている人を手伝ったり、逆に助けてもらったり、
チームとして自然と支え合う風土があるので働きやすいですよ」とM.Cさん。社風の良さも魅力です。

 入社して良かったと思うことはなんですか?

オンオフのメリハリがあるから、仕事意欲も高まります。

私はあまり社交的ではないので事務職を志望。また、プライベートも大切にしたいという思いから土日祝がお休みの金融業界に絞った就職活動をしていました。かなり絞り込んでいたため、なかなか理想の会社と出会えず、やっと内定をいただけたのが8月でした。でも、そのおかげで当社と巡りあい、今は自分が思い描いた通りの社会人生活を送っています。休日には好きなアーティストのライブに行ったり、友達と遊んだり、通常の有給休暇以外にアニバーサリー休暇などもあるので長期休暇も取得しています。また、当社は産休・育休などの取得実績が多く、家庭と仕事を両立する先輩方が大勢いるので自分の将来像を描きやすいのも魅力だと思います。

もっと業界や職種を広げれば良かったかなとか、もっとたくさんの会社を受ければ良かったかもと就活への反省点はありますが、学生の皆さんに一番伝えたいのは……実際に働く職場を自分の目で見ること! 私が当社で働きたいと思ったポイントもそこでした。説明会後の社内説明でオフィスを見せていただき、その雰囲気の良さが入社の決め手になりました。

M.Cさんは平日はまっすぐ帰宅。「でも、その分、休日は思い切り楽しみます!
学生時代からの友人とライブに行くのが何よりのリフレッシュになりますね。」

私の1日の過ごし方

MAさんの1日MAさんの1日

現在、1年目の方の指導担当者を任され、仕事とメンタル両面のフォローに携わっています。指導することで「自分がしてもらったように大切に育てよう」と気持ちを新たにしています。

私たちの仲間